踊り場にスカートが鳴る

うたたね游
桜ヶ森高校・社交ダンス部2年の春間ききは、姉のようなパートナー(女役)に憧れつつも、身長が高い自分に「合う役」であるリーダー(男役)を続けていた。

ある日、パートナーから突然ペアの解消を告げられたききは、1年生の鳥羽見みちるに「パートナーになってほしい」と持ちかける。しかし、小柄で華奢なみちるは「私はリーダーしかやらない」と一蹴。

ペアも決まらず、部活に行く気になれないききは、放課後一人で「やりたい役」であるパートナーとしてのダンスを踊る。それを見たみちるは、ききの手を取り、そのまま一緒に踊り出し…。

「社交ダンス」を通じて自分を見出す、少女たちの葛藤と青春の物語。