雲之助

ラブリートーク

雲之助 コミックス

経験がないことに焦るはじめは、幼馴染の和宏にキスの練習台をお願いする。
にべもなく断る和宏だったが、その理由は――。

「無理だね。だって俺、お前のこと好きだもん」

思春期男子のラブリーな恋が詰まったセンチメンタル短編集。

2010年08月12日発売 ISBN 9784758071048 / B6判 723円(税込)
  • Amazonで読む
  • Renta!で読む
  • コミックシーモアで読む
  • BookLive!で読む

幸せになるのさ!

雲之助 コミックス

主人公・小松冬馬は、親友に貸したお金を持ち逃げされた傷心から、ヤケ酒をあおっていた。
その帰り道、公園でひとりさびしく酒宴を開いていた男・南原歩と出会う。
歩のヤケ酒の理由は失恋、しかも相手は「オトコ」で――。
偶然出会った二人に芽生えた恋は、すこしずつ、すこしずつ、大きくなっていく。

2011年01月15日発売 ISBN 9784758071291 / B6判 723円(税込)
  • Amazonで読む
  • Renta!で読む
  • コミックシーモアで読む
  • BookLive!で読む

きみに注ぐ

雲之助 コミックス

可愛い男の子とイチャついていた自分をじっと観察していた学生。
その視線に気づいて―ー二人は出会う。

学生は安藤祐一と名乗った。
それをきっかけに大島は安藤に興味を持つ。
孤高を保ち、凛と美しい安藤。
自分とは正反対。
そんな安藤に強く、強く惹かれていく大島は不意打ちのキスを仕掛けていて・・・。

大学一のユルイ男・大島翔
大学一のカタイ男・安藤祐一

カタチが違うからこそ固く結ばれる、とっておきの恋のお話。
あなたのこころにも。

2011年08月12日発売 ISBN 9784758071628 / B6判 723円(税込)
  • Amazonで読む
  • Renta!で読む
  • コミックシーモアで読む
  • BookLive!で読む

男の子と恋

雲之助 コミックス

女の子より女の子らしい巡・・・は、親友で幼馴染みの隼人に告白される。
「僕は男で隼人も男でそれって普通じゃない。」
その困惑は二人の間に初めての距離を作ってしまう。
だけど、優しく厳しい人たちに見守られて二人の関係は…。
いつも一緒にいた二人がその温度を遠くに感じた時、本当の気持ちが見えてくる――繊細でロマンティックに描いたラブストーリー。

2012年04月14日発売 ISBN 9784758071840 / B6判 723円(税込)
  • Amazonで読む
  • Renta!で読む
  • コミックシーモアで読む
  • BookLive!で読む

恋人アソート

雲之助 コミックス

明るいイチャラブな大学生カップル明夫+翔太と、甘い関係の社会人カップルみのる+かずやは同じアパートに住んでいます。
異なるお味の4人は互いに反応し合って自分たちの恋のカタチを見つけます。

心がほっとする優しいお話2本とさらに大好評既刊「幸せになるのさ!」「きみに注ぐ」「男の子と恋」の激甘なスピンオフをどんと3本(!!)描き下ろしで収録。
口どけやらかい、10人5カップルの恋をどうぞお楽しみください。

2012年11月15日発売 ISBN 9784758072175 / B6判 723円(税込)
  • Amazonで読む
  • Renta!で読む
  • コミックシーモアで読む
  • BookLive!で読む