僕たちは、異世界で交わる。WEB発、新BL小説レーベル
News 最新情報

2月20日発売の新刊を紹介します!

寒い日が続いていますが、体調など崩していませんか?
おうちでゆっくりするときにお勧めの、2月刊2作品のご紹介です☆

◇「とある軍人の平凡ならざる日常」
著:有須薫  イラスト:いずみ椎乃
徴兵制のあるヴェルダ星域連邦王国で一兵士としてのほほんと過ごしていた青年ジーン。彼はどしゃぶりの雨の日、敵に襲撃されて重傷を負った、とある将校と遭遇してしまった。
その将校は、陸軍の英雄であり、敵から”冥界の番犬(ケルベロス)”と恐れられる軍神レイウッド少将だったのだが……。
彼と知らずに助けてしまったせいで、なぜか猛烈に迫られるようになってしまって!?
レイウッド少将からの変態的な愛から平穏大好きなジーンは逃げられるのか?
気になる二人の関係をお見逃しなく!

◇「4人のイケメンに求愛されて俺は涙目です」
著:兎騎 イラスト:ようは(CAT-HANDS)
神様の都合で、とんでもない魔力とチートを持って異世界に転生させられてしまった有原玲。しかも、規格外の魔力のせいで、転生先でモテモテに!?
王族のAランク剣士、ツンデレ美形エルフ、豪放磊落な竜人族の戦士、色気ムンムンの魔人族の王――拒否していたはずなのに、なし崩しに4人のイケメンに愛されながら旅をすることになってしまい……。
取りそろえたイケメンたちに愛されまくるレイの運命は!?
愛され複数プレイもたっぷりの本作、ぜひお楽しみくださいね!

1月20日発売の新刊を紹介します!

あけましておめでとうございます! 新しい年もロワブランを楽しんでくださいね。
1月刊2作品のご紹介です☆

◇「六神龍の神子」
著:水無月小豆  イラスト:周防佑未
神社の孫である大学生の竜崎勇太は身体が弱く、その命の火はもう消えようとしていた。そんな時、祀っていた六体の龍神たちが、勇太の身体を健康な時まで巻き戻し、異世界に連れて行ってくれて――!?
異世界で出会ったのは、ユータの“魂の番(つがい)”である、美しき龍人のハイルライド王子。龍神たちと王子に溺愛され、勇太は神子としてこの世界を生きることに。
異世界で出会った美しき番に愛される、神子の少年の物語。龍好き、溺愛好きのあなたにおすすめです! ぜひ堪能してください。

◇「王様の犬と静かの塔」
著:朝葉紫 イラスト:コウキ。
放課後、生徒会の仕事でひとり居残っていたトールは、見知らぬ世界に迷い込み、コウ国の王コウライギに拾われた。
優れた統治者のもとに現れ、国を豊かにさせる者――言い伝えにある”瑞祥(ずいしょう)”だと信じられたトールは、コウ国の王宮に連れていかれるのだが……。
人間を毛嫌いしているコウライギは、トールに金の首輪をつけ、言葉も教えず、自分に絶対服従するよう躾けはじめて!?
ひやひやする展開と、二人が少しずつ進展していく流れに惹きこまれるストーリーとなっております! ぜひぜひ、本編でもお楽しみください!

12月20日発売の新刊を紹介します!

すっかり寒くなってきましたので、おうちにこもって読書はいかがですか?
ハートを熱くするロワブラン12月刊の3作品をご紹介します☆

◇「薬師の願いは叶わない」
著:木苺 イラスト:北沢きょう
人よりイチモツが大きすぎることがコンプレックスの谷森翡翠は、剣と魔法のファンタジーVRMMO『銀星の導き』で脱童貞するため、18禁サーバーに足を踏み入れた。
ところが準備のために向かった先で、突然ゴロツキを倒すクエストに巻き込まれてしまう。しかも、助け出した金髪美形の聖騎士・アーリッツの自慰を手伝うことになって――。
なし崩しに始まってしまった物語は、翡翠と愉快な仲間達の運命も巻き込んで進行してしまい……!?
ネットで累計320万回以上読まれた、本格ファンタジーゲーム×BL作品。無事に翡翠は脱童貞できるのか、ぜひ皆様の目で確かめてみてください☆

◇「君の王国 孤独な王子と溺愛従者」
著:高菜あやめ イラスト:Kujow
「君の孤独はすべて僕が受け止める――」生まれてからずっと亡き者として、マヤール国の城の奥でひとりで育てられてきた第四王子、リヒト。ある朝、見たこともない豪華な一室で目を覚ましたリヒトは、美しく凛々しい青年、フェルナンが新しい世話係だと告げられる。たくさんの食事に、ふかふかのベッド、そして数年ぶりに見る外の世界――温かな時間と自由を与えてくれるフェルナンに、次第にリヒトは心を開いていくのだが、二人は互いに秘密にしていることがあって……。と、少し不穏な展開からはじまる物語ですが、互いを大切にしている二人の気持ちがじんわり染み込んでくる極上のストーリーとなっております! ぜひぜひ、本編でもお楽しみください!

◇「従者ライフ」
著:生太 イラスト:八百
愛する妹を庇って、俺は交通事故で死んだ――はずが、妹がハマっていた乙女ゲームの世界に転生した。よりにもよって妹が惚れ込んでいた憎っくきキャラクター、燈明院紅夜の従者として! しかも、鉄仮面で冷徹で、誰にも隙を見せない完璧人間な奴がなぜか俺に「奉仕しろ」と命じてきて!? それでも、いつか転生してくる(であろう)妹に会うために、嫌々ながらも屈辱の従者ライフを過ごすのだが……。と、すれ違いまくる、このふたりの関係がたまらなく愛しく&楽しくなる本作。従者モードに入った主人公は拒否することもできず、エッチなシーンも盛りだくさん! それを八百さんが素敵にビジュアル化! さらに416ページの大・大・ボリュームでお贈りします! 見逃せない内容となっておりますので、ぜひご注目ください~。

11月20日発売の新刊を紹介します!

深まる秋には読書がつきもの!
わくわくドキドキでエッチなロワブランの作品はいかがですか?

11月の新刊は、系統の違う2作品!! どちらもお楽しみくださいね。

◇「無上の幸福」
著:なかゆんきなこ イラスト:旭炬
同性同士の結婚が法的に認められた『自由都市オールドフィールド』に暮らす若き魔道具職人、ノエル・グライス。彼の同性の伴侶であるヴォルフガングは、黒狼の二つ名を持つ凄腕冒険者だ。愛する伴侶と可愛い養い子と暮らす日々は幸せで……だからこそ、ノエルは不安だった。
「俺なんかに、ヴォルフはもったいなさすぎるよ……」
そんな時、ノエルのもとにヴォルフの婚約者だという女性があらわれて……?
WEBで大人気! 無口無表情な凄腕冒険者×自己評価の低い後ろ向き魔道具職人のすれ違いラブファンタジーが書き下ろし短編付き書籍化です!!
WEBで気になっていた人も、書籍から入る方も楽しめる作品ですので、ぜひお手に取ってみてください☆

◇「光の神子は自由に生きる」
著:まきぶろ イラスト:葛西リカコ
光の神子と呼ばれ、国民から愛される治癒術師ルチアーノ。美しく儚げな彼は、聖人君子のような清らかな心を持つ……わけではなく、ただ思うがままに生きる自由人だった!? 無償で民衆を治癒するのは、魔法の研究がしたいだけ。危険な辺境砦で働いているのは、性欲をもてあます軍人がいると思ったから! そんな風に盛大な勘違いをされながらも、ルチアーノは麗しいビジュアルと慎ましげな言動で、次々とイケメンを篭絡していくのだが……!? 大人気逆ハーBLファンタジーが待望の書籍化! エッチなシーンも盛りだくさんの、愛溢るる作品になっておりますので、ぜひぜひチェックしてくださいね!

まきぶろ先生からスペシャルメッセージが到着!

11月20日に発売する「光の神子は自由に生きる」の著者、まきぶろ先生からスペシャルメッセージが届きました!
葛西リカコ先生の、美しく眼福な口絵イラストも一緒に特別大公開!

~スペシャルメッセージ~~~~~~~~~~~~~~~~

 皆様。えっちなお兄さんは好きですか? 享楽的で自由に生きている、淫乱で綺麗で可愛いお兄さんは好きですか? 総受けは好きですか? 溺愛、主従、執着、年下、年上、様々な攻めから主人公がドロドロに可愛がられるシチュエーションは好きですか?
 私は大好きです。
 皆さんこんにちは、作者のまきぶろです。

 この作品はWEBにて公開している作品を、加筆修正したものとなっております。現在も『ムーンライトノベルズ』にて公開させていただいております。WEBで連載しているときから暖かいお言葉と応援ありがとうございました。そのおかげで今回、初の! 人生初めての! 書籍化となりました。こちらが初めましての方もありがとうございます。自分の本が店頭に並ぶと思うととても興奮です。

 この小説は私の好きなものを、全部詰め込んで書きました。自分の性癖ドストライクの話が読みたい! よし、自分で書くか! が書き始めたきっかけになって『光の神子は自由に生きる』が生まれました。自分の「好き」をひたすら書いて、それをたくさんの方々に読んでいただいて、こうして本にもなるなんて……最初は想像もしていませんでした。自分の「好き」を、他の人もこんなに好きになってくださって、それが目に見える形になりました。感激です。
 今でも半分くらい実感がありません、嬉しくてフワフワしているのは確かなのですが。実際に本がお店に並んでいる所を早く見たいです。

 最初に書きましたが、私は総受けが大好きです。最終的に誰かとくっつくのも良いですが、攻め全員から性的に好かれまくっている状態がめちゃめちゃ好きなのです。快感に弱くて、その場の雰囲気に流されて、はたまた強引に言い寄られて体の関係を持ってしまう受け×攻めの人数分。大好物です。ある時そんな総受け主人公を「ただのビッチじゃん」と評している方を見て、天啓がひらめきました。「快感に弱いちょっとビッチな所が可愛いんじゃないか! ……いや待てよ、ガチのビッチを主人公にすれば好きなだけ総受けにできる!」と。これが新しい扉を開くきっかけとなりました。
 ビッチが主人公の小説を書こう、と決めて作り出したルチアーノには私の好きな属性を詰め込んであります。特に外見。銀髪に華奢な体、はかなげな容姿。作者銀髪大好きなんです。そして中身は外見を裏切る超絶ビッチの研究中毒、ギャップっていいですよね。けどそんな彼が周りのキャラクターに「ビッチ」「淫乱」と思われるのは許せないとワガママが発動。誤解や解釈違いなどご都合主義を限りなく発揮して、中身とは正反対の「光の神子」が誕生しました。
 書いていてとても楽しかったです。思ったとおりに動いてくれなくて話が進まず苦労したこともありますが、この話を書いていてつらかった事は一度もありませんでした。書籍化にあたって何度も通して読み直しましたが、改めて「この話が書けて良かったな」「ルチアの話をたくさんの人が読んでくれて良かったな」とその度に幸せを噛みしめていました。  きっと、同じ設定を使ってこの小説よりも面白い話が書ける人はたくさんいると思いますが。私にとっては自分でも大好きで、精一杯頑張って書いている作品なので、読んでもらった皆様にも楽しい、面白いと思っていただけたら嬉しいです。
 加筆部分では、本編ではまだ出ていないフィッツ君の正体というか、能力の謎を明らかにしています。彼は、光の神子を取り巻く陰謀とか、これから起きる世界をゆるがす災害や人類存亡の危機の際に大活躍してもらう予定です。ここまでではまだルチアのこと大好きな子犬みたいな面しか出ていませんが、フィッツ君の視点が出てくるWEB版では彼の黒い所を味わってもらえるかと思います。書籍から入っていただいた方は、良かったらそちらもお楽しみください。
 そしてこの場を借りて、この本を生み出す原動力をくださった皆様に、感謝の言葉を送らせて下さい。WEB版を読んでくださっている皆様、いつも応援、感想、ブックマークに評価をありがとうございます。皆様のお言葉が執筆の力となりました。
 素晴らしいイラストを描いてくださった葛西リカコ様、多彩なキャラを美麗に美しく描いていただき本当にありがとうございます。透明感のある容姿と儚げな表情と、まさに理想のルチアです。めっちゃいい匂いがしそうな美しさがすごいです。他のキャラクター達も綺麗でカッコよくてたまりません。
 書籍化の声をかけていただいた編集長のK氏、目に留めていただかなければこのお話が本になることはありませんでした。ありがとうございます。担当となっていただいたS氏、本を作る素人の私に毎回丁寧に色々教えていただいてありがとうございます。
 そして最後に、この本を買ってくださった方々。当書籍『光の神子は自由に生きる』を読んで、楽しんでもらえたのなら幸いです。それでは、今後も読んで楽しんでもらえるようなお話を書けるように頑張りたいと思います。それでは皆様に、多大なる感謝を!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
このほか挿絵でも、大興奮のシーンがビジュアル化!
葛西リカコ先生の美しいキャラクターたち、そしてまきぶろ先生が描くえっちなルチア(神子さん)を、ぜひ本編でお楽しみください!