一迅社WEB

作品情報


エンド・オブ・バロル

空倉シキジ
菊池 晴は、物心つく頃から異質なモノが視えていた。
他人には視えないソレは、月日が経つごとに恐ろしさを増していき、周囲を巻き込んで襲いかかる化物となった。
自分が何者なのかもわからず、ただ化物を避けながら大学生活をおくるハル。
ある日、帰宅途中で襲われ路地裏に飛ばされてしまったハルは、美しい人の姿をした獣を呼び出してしまい――!?

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/
©ICHIJINSHA All Rights Reserved.