ふつつかな悪女ではございますが ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~


  • ふつつかな悪女ではございますが ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~

    著:中村 颯希、イラスト:ゆき哉


    WEBで大人気! 入れ替わり逆転中華ファンタジー!
    『雛宮』――それは次代の妃を育成するため、5つの名家から姫君を集めた宮。
    蝶々のように美しく、でも虚弱な姫、黄 玲琳は、周囲から嫌わて鼠姫と呼ばれる、朱 慧月に精神と体を入れ替えられてしまった!
    慧月の姿になってしまった玲琳、今まで優しくしてくれていた人達から蔑まれ、最悪の環境におかれるのだが……。
    「なんて健康な体でしょう! う、うらやましい……っ」
    隣り合わせの"死"とずっと戦ってきた姫は、実は鋼のメンタルだった――!!


    ISBN 9784758093231 / 四六判 定価:1,320円(税込) 2020年12月28日発売



  • ふつつかな悪女ではございますが2 ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~

    著:中村 颯希、イラスト:ゆき哉


    悪女と呼ばれる嫌われ者の雛女、朱 慧月と、身体を入れ替えられてしまった愛され雛女の黄 玲琳。
    しかし
    「あなた様が……玲琳様なのですね!?」
    ついにその正体に気づいた者が現れる。玲琳付きの女官、冬雪だった。
    そこから一気に慌ただしくなる玲琳の周囲。
    次第に尭明、辰宇たちも、自分たちが感じていた違和感の正体に気づきはじめ……。
    胸が躍る入れ替わりの生活も、そろそろ終わり。
    玲琳たちを陥れようとする金家の女官、その裏に見え隠れする"ある"人物。すべての真相を明らかにすべく、玲琳が動き出す――!
    WEB版から大幅加筆&新エピソード大量投入の第二巻!


    ISBN 9784758093705 / 四六判 定価:1,320円(税込) 2021年6月2日発売



  • ふつつかな悪女ではございますが3 ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~

    著:中村 颯希、イラスト:ゆき哉


    「豊穣祭の開催地は、南領だ」
    雛女になってはじめての外遊先に選ばれたのは、雛宮一の嫌われ者、慧月の領地だった!
    後見の妃もいない中で、準備に追われる慧月。
    玲琳はそれを全力でサポートしながらも、はじめての外遊に心を躍らせていた。
    しかし……。何者かから儀式を妨害された慧月は、焦りのあまり力が暴走!
    またしても玲琳と慧月の身体が入れ替わってしまった!
    そんな混乱の最中に、慧月を攫おうと企む邑の民まで現れ、なぜか玲琳は兄とともに自ら捕虜となるのだが……!?
    身動きの取れない尭明、独自に追いかける辰宇、そして過保護な玲琳の兄たちが大暴走する第三巻!


    ISBN 9784758094122 / 四六判 定価:1,320円(税込) 2021年11月2日発売



  • ふつつかな悪女ではございますが4 ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~

    著:中村 颯希、イラスト:ゆき哉


    「なぜ……わたくしは止められなかったの……」
    嫌われ者の雛女、慧月と入れ替わったまま邑の民に攫われた玲琳。
    邑を襲った疫病が一段落した頃、頭領の雲嵐が凶刃に倒れた。
    死の淵をさまよう彼の姿を見て、玲琳は激しく動揺し、消沈する。
    その様子は辰宇や景行から見ても危ういものだった。
    一方、慧月は闘志を燃やしていた。
    尭明や景影らの心配をよそに、雛女たちが集まる『茶会』を決行!
    女同士の腹の探り合いの中、慧月を貶めようとする藍 芳春の毒牙をくぐり抜け、反撃に出るが……!?
    外遊先で起こった、慧月への執拗な嫌がらせ、祭りの妨害に伝染病。
    その大きな悪意は玲琳と慧月の心に、否応なしに変化をもたらしていく――。
    大好評シリーズ第二幕、終結! 涙と決意の第四巻。


    ISBN 9784758094535 / 四六判 定価:1,320円(税込) 2022年4月4日発売



  • ふつつかな悪女ではございますが5 ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~

    著:中村 颯希、イラスト:ゆき哉


    豊穣祭から三月が過ぎ、五家の雛女の序列が決まる中間審査――『鑽仰礼』の季節がやってきた。
    雛女に与えられる課題は三つ。それを皇帝や国の重鎮が直々に審査を行うという、各家にとって重要な儀式。
    この日に賭ける者、大きな重圧を背負う者……出自の違う雛女たちは、それぞれ想いを抱えながら、当日を迎えた。
    一方、序列に興味のない黄 玲琳は、不安と緊張で固くなる朱 慧月を励まし、いつもの通り後押ししていくのだが――。
    「あなたなんて大嫌い。顔も見たくない!」
    「もう、よいのですわ。慧月様なんて」
    二人の間に揉め事発生!? さらに今回は、玲琳自身が何者かから狙われ、課題の妨害をされて……。
    玲琳がとうとう絶体絶命!? 五家の雛女がしのぎを削る、波乱尽くしの第五巻!


    ISBN 9784758094979 / 四六判 定価:1,320円(税込) 2022年10月4日発売



  • ふつつかな悪女ではございますが6 ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~

    著:中村 颯希、イラスト:ゆき哉


    五家の雛女で序列を争う『鑽仰礼』。その途中で襲われ、命の危機に瀕した黄 玲琳だったが、朱 慧月の助けでどうにか窮地を脱し――玲琳と慧月は再び入れ替わった!
    しかし、波乱尽くしの鑽仰礼も、残すところ「終の儀」のみ。
    儀式中に受けた数々の妨害、きな臭い妃達と、様子のおかしい金 清佳と藍 芳春。
    そして玄 歌吹の強い殺意と『凶行』……。
    そのすべての理由、原因を知った玲琳は、雛宮にはびこる汚泥を一掃すべく、慧月とともに動きだす!
    「復讐をするなら、速やかに、そして堂々と」
    五家の雛女たちは力を合わせ、盛大で公明正大な復讐劇を開始する――!!
    忌まわしき過去、そして自分自身と対峙する第三幕、終結!


    ISBN 9784758095426 / 四六判 定価:1,430円(税込) 2023年4月4日発売



  • ふつつかな悪女ではございますが7 ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~

    著:中村 颯希、イラスト:ゆき哉


    「今、雛宮内で、入れ替わりを解消してはならぬ」――『鑽仰礼』がひと段落した後、玲琳は尭明にそう告げられた。
    慧月が『道術』使いだと、決して周囲に気づかれてはいけない。万全を期して、城外で入れ替わりの解消をすることに決めた玲琳たちは、城下町で落ち合う約束を交わし、バラバラに雛宮を発つのだが……。
    初めての屋台に目を輝かせる玲琳と、お目付け役の莉莉&尭明。
    仲良く(?)お土産選びをする慧月と景彰と、なぜか酒で潰しあおうとする冬雪と景行。
    そんな中、辰宇は市場で、王都を観光していた雲嵐に声をかけられて――。
    誘拐、窃盗、乱闘騒ぎ……目の前で起こるトラブルを、彼らが見過ごせるわけもなく!?
    果たして全員約束の時間に集まることができるのか? 大逆転後宮とりかえ伝、第四幕は「お忍び城下町」編!


    ISBN 9784758095877 / 四六判 定価:1,430円(税込) 2023年10月3日発売



  • ふつつかな悪女ではございますが8 ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~

    著:中村 颯希、イラスト:ゆき哉


    大逆転後宮とりかえ伝、第五幕「道術我慢の鎮魂祭」、開幕!
    皇帝が朱 慧月を監視している――怪しい隠密の動きを察知して、一度雛宮に戻った玲琳たち。
    次なる一手は、近く執り行われる『鎮魂祭』に乗じて、入れ替わりの解消をすること。
    しかし、またしても皇帝の妨害が!
    隣国、丹との国境沿いの地域で、民に粥を施す『慈粥礼』を行うよう、雛女全員に命じたのだ。
    その上、慧月の身体に入っている玲琳は、ほかの雛女と引き離され、劣悪な環境に赴くことに……。
    「突然の炊き出しなんて無理難題よ」
    「慧月様と一層離れてしまうことだけが気がかりです……」
    道術が使えない慧月、孤立してしまう玲琳。監視の目に注意を払い、身動きが取りづらくなる二人に、ついに皇帝が自ら接触してきて――!? 絶体絶命の第8巻!


    ISBN 9784758096324 / 四六判 定価:1,430円(税込) 2024年4月2日発売