光田さの

生命体Lの果てから

光田さの コミックス

時計台の管理人をしている青年・レテの元に、幼少期を共に過ごしていた大河が10年ぶりに訪ねてくる。
突然の再会に困惑しながらも大河を時計台に泊めることにするが、到来していた流星群の一部が時計台に墜落していた。
壊れた時計台の探索中、隠し部屋と謎の装置を見つけたレテは、興味から装置を作動させてしまう。
すると翌朝レテが目にしたのは、自分と瓜二つの生命体で――。

2022年09月14日発売 ISBN 9784758024563 / B6判/748円(税込)
  • Amazonで読む
  • コミックシーモアで読む
  • Renta!で読む
  • BookLive!で読む

生命体Lの果てから 5話

光田さの 単話配信

もし、僕と同じ人間がいたら――。

時計台の管理人をしている青年・レテ。
そんなレテの元に幼少期を共に過ごしていた大河が訪ねてくる。
突然の再会に困惑しながらも大河を時計台に泊めることにするが、到来していた流星群の一部が時計台に墜落していた。

レテは隕石で壊れた時計台を探索している中で隠し部屋を見つけるが、そこには謎の装置があり…。

  • Amazonで読む
  • コミックシーモアで読む
  • Renta!で読む
  • BookLive!で読む