一迅社文庫アイリス
真紅の式使い

Story

死んだ者の魂を呼び戻し、式神として使役する《式使い》。
孤独な式使いの少女・彰は、幼なじみの天帝・基に突然求婚される。
師の仇である基の執着から逃れるために彰が降ろしたのは、強大な力を持つが記憶のない、美青年の式神・司。
優しく真摯な司に、彰は次第に惹かれていくが……。
新たな式術を研究する青年式使いの臣や楊とも出会い、彰は運命に翻弄されていく——。

Characters

彰(あき)
都のはずれに住む「赤い花の式使い」。
右手に大輪の華の証印をもつ式使いだが、式術をうまく扱えず、初めて降ろした式神が司。
両親はいなく師にも先立たれ、孤独で寂しがり屋。
司(つかさ)
彰に降ろされた美しい式神の青年。梅花の香りがする。
彰と同じ証印を左頬に宿し強大な力を持つが、生前の記憶を失っている。
誠実で真面目。彰を守り従っている。
基(もとい)
新しく即位した「天基統宮(てんきとうぐう)」という名の帝。圧倒的な美しさをもつ。
彰の幼馴染であり、同じ師のもとで式術を学んだ弟弟子。
彰に対して強い執着心を持っている。
臣(しん)
司の面影がある美貌の式使い。自分にも他人にも厳しく、きつい性格。
仲間と共に独自の式術を研究している。その中で生まれた【結晶】を
持ち逃げした犯人を追い、彰と知り合う。
蘭(らん)
禁中内で力があった式使・大守頼道の娘。
禁中式使見習として、帝に仕えている。
幽玄(ゆうげん)
彰と基の式術の師。
彰を拾い、親代わりとなり育てる。
禁中を去り、はぐれものとして彰と暮らしていたが基に殺される。

楊(よう)
気さくな式使いの青年。
臣の仲間で、共に式術を研究していた。人懐こい性格。
式使い用語集
◆式術
未練を残した魂に仮初の肉体を与える力。
◆式使い/式使
式術を行使する者のこと。
◆式神
式使いの霊力によって魂を降ろされ、肉体を得た者のこと。
尋常ではない力を持つ。
限りなく人間の姿形をしているが、仮初の体であるため、長くは存在できない。
◆証印
式使いの証。ひとりひとり形は違い、右手に浮かび上がる。
式神は、主の式使いと同じ証印が体のどこかに浮かび上がっている。

Special

インフォメーション
『真紅の式使い 花の絆、永久の約束』発売記念
特別ショートストーリー公開!!
シリーズ第3巻発売を記念して、永野水貴先生書き下ろしの特別ショートストーリーをお届けします。 本編読了後にぜひお読み下さい。  

Book Information

Expand
一迅社文庫アイリス
真紅の式使い

「私のものになれ、彰」
死んだ者の魂を呼び戻し、式神として使役する《式使い》。
孤独な式使いの少女・彰は、幼なじみの天帝・基に突然求婚される。
師の仇である基の執着から逃れるために彰が降ろしたのは、強大な力を持つが記憶のない、美青年の式神・司。優しく真摯な司に、次第に惹かれていく彰だったが…。
彰を想い彼女のためだけに戦う式神と、激しく彰を求める天帝。二人の愛に翻弄される彰の運命は!?

ISBN 9784758040761 /  文庫判 本体590円+税

2009年05月20日発売

Expand
一迅社文庫アイリス
真紅の式使い 幻影の帝、寵愛の君

「君を縛りつけてしまうかもしれない」
死者の魂を呼び戻し式神として使役する《式使い》。
最愛の式神・司を失い、式使いの少女・彰は彼への想いに囚われつづけていた。
ある日彼女の元に、臣と名乗る美しい青年式使いが訪れる。彰の秘められた能力に気づき、興味を持った臣によって、次期天帝を決める争いに巻き込まれていく。
彰に惹かれ司を忘れさせようとする臣だったが、戦いの中で出会った黒衣の式神は、司にそっくりで——!?

ISBN 9784758041126 /  文庫判 本体590円+税

2009年10月20日発売

Expand
一迅社文庫アイリス
真紅の式使い 華の絆、永久の約束

「僕があなたの式神となりましょう」
死者の魂を現世に呼び戻し、式神として使役する≪式使い≫。
式使いの少女・彰は、最愛の式神・司を取り戻し、幸せな日々を送っていた。
しかし『司をまた失ってしまうかもしれない』という不安は消えない。
司をつなぎとめる方法を探すため、式術を学び直す彰。
そんな彼女の元にやってきたのは、式神が降ろせないはずの彰の新たな式神で…!?
彰と司、すれ違う2人の心の行方は——?

ISBN 9784758041461 /  文庫判 本体590円+税

2010年03月20日発売

トップページへ ページの先頭へ