竜騎士のお気に入り
竜騎士のお気に入り
竜騎士のお気に入り

Book Information

Expand
一迅社文庫アイリス
竜騎士のお気に入り 侍女はただいま兼務中

「私を、助けてくれないか?」
16歳の誕生日を機に、城外で働くことを決めた王城の侍女見習いメリッサ。それは後々、正式な王城の侍女になって、憧れの竜騎士隊長ヒューバードと大好きな竜達の傍で働くためだった。ところが突然、隊長が退役すると知ってしまって!? 目標を失ったメリッサは困惑していたけれど、ある日、隊長から意外なお願いをされて――。竜の集まる辺境伯領の領主になった隊長のお役に立つのなら、竜達の接待と恋人役、お引き受けいたします!
堅物騎士と竜好き侍女のラブファンタジー。

ISBN 9784758049061 /  四六判 本体638円+税

Expand
一迅社文庫アイリス
竜騎士のお気に入り2 侍女はねがいを実現中

「宰相閣下よりの書簡である。確認せよ」
王城の侍女見習いから竜が集まる辺境伯家の侍女になったメリッサ。彼女は辺境伯領の領主となった元竜騎士隊長ヒューバードの恋人になっても、相変わらず侍女の仕事と大好きな竜達の接待に精をだしていた。そんなある日、竜達に気に入られているメリッサを王宮へ召還しようとしているという不穏な知らせが届いて――。大好きなヒューバード様や竜達と引き離されるのなら、ご遠慮申し上げます! 堅物騎士と竜好き侍女のラブファンタジー第2弾!!

ISBN 9784758049610 /  四六判 本体638円+税

Expand
一迅社文庫アイリス
竜騎士のお気に入り3 侍女はしばらく帰省中

「一度、一緒に王都へ行かないか」
王城の侍女見習いから竜が集まる辺境伯領の侍女になったメリッサ。彼女は辺境伯領では、元竜騎士隊長の辺境伯ヒューバードの婚約者として扱われるようになったものの、国には認められていなかった。そこで、彼と正式に婚約するため、王都へと旅立つことに。両親へ挨拶をすませ、国に婚約を認めてもらうだけの帰郷。それだけのはずが、思わぬ事態に巻き込まれて――。どんなことが起こっても、ずっとヒューバード様と竜達と一緒に過ごすために、頑張らせていただきます!  堅物騎士と竜好き侍女のラブファンタジー第3弾!!

ISBN 9784758090070 /  四六判 本体638円+税


一迅社文庫アイリス トップページへ ページの先頭へ