第11回 一迅社ゲーム・アニメコミック大賞 結果発表

今回はたくさんご応募いただいた投稿作品の中から、「入選」1名、「奨励賞」7名を 選ばせていただきました。
受賞者の皆さま、おめでとうございます。
また、たくさんのご投稿ありがとうございました。
今回は惜しくも入賞を果たせなかったものの、今後に期待したいという作品も多く、 編集部一同、皆さまの更なる力作をお待ちしております。

優秀賞 賞金30万円

該当者なし

入選 賞金20万円



佳作 賞金10万円

該当者なし

奨励賞 賞金3万円


総評

ご応募ありがとうございました。
今回は大神のぞむさんが入選となりました。
全編デフォルメキャラクターで構成された作品でしたが、作画基礎力の高さがうかがわれる画面だけに、高い等身でも十分に応用のききそうな絵柄にひかれました。
反面セリフで運ぶ展開となりせっかくかわいらしく動きが描ける絵であるにも関わらずその魅力を活かしきれていない点が残念でした。
今回の大神さんの投稿は4コママンガでしたが、4コマに限らずマンガはなんらかのギャップで成り立っていると思います。
大きい小さい、白い黒い、うれしい悲しい、無口饒舌などのギャップをはっきりとめりはりをつけて描くことが画面作りにしてもキャラクター描写にしても大切だと思います。
感動や驚きや笑いも想像と現実のギャップの賜であり、楽しさの源となるものです。
大神さんのみならず今回の投稿原稿では全体にめりはりの足りなさをかんじました。
皆さんのこれからの創作にお役立てください。