ふつつかな悪女ではございますが ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~


  • ふつつかな悪女ではございますが ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~

    著:中村 颯希、イラスト:ゆき哉


    WEBで大人気! 入れ替わり逆転中華ファンタジー!
    『雛宮』――それは次代の妃を育成するため、5つの名家から姫君を集めた宮。
    蝶々のように美しく、でも虚弱な姫、黄 玲琳は、周囲から嫌わて鼠姫と呼ばれる、朱 慧月に精神と体を入れ替えられてしまった!
    慧月の姿になってしまった玲琳、今まで優しくしてくれていた人達から蔑まれ、最悪の環境におかれるのだが……。
    「なんて健康な体でしょう! う、うらやましい……っ」
    隣り合わせの"死"とずっと戦ってきた姫は、実は鋼のメンタルだった――!!


    ISBN 9784758093231 / 四六判 定価:1,320円(税込) 2020年12月28日発売



  • ふつつかな悪女ではございますが2 ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~

    著:中村 颯希、イラスト:ゆき哉


    悪女と呼ばれる嫌われ者の雛女、朱 慧月と、身体を入れ替えられてしまった愛され雛女の黄 玲琳。
    しかし
    「あなた様が……玲琳様なのですね!?」
    ついにその正体に気づいた者が現れる。玲琳付きの女官、冬雪だった。
    そこから一気に慌ただしくなる玲琳の周囲。
    次第に尭明、辰宇たちも、自分たちが感じていた違和感の正体に気づきはじめ……。
    胸が躍る入れ替わりの生活も、そろそろ終わり。
    玲琳たちを陥れようとする金家の女官、その裏に見え隠れする"ある"人物。すべての真相を明らかにすべく、玲琳が動き出す――!
    WEB版から大幅加筆&新エピソード大量投入の第二巻!


    ISBN 9784758093705 / 四六判 定価:1,320円(税込) 2021年6月2日発売



  • ふつつかな悪女ではございますが3 ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~

    著:中村 颯希、イラスト:ゆき哉


    「豊穣祭の開催地は、南領だ」
    雛女になってはじめての外遊先に選ばれたのは、雛宮一の嫌われ者、慧月の領地だった!
    後見の妃もいない中で、準備に追われる慧月。
    玲琳はそれを全力でサポートしながらも、はじめての外遊に心を躍らせていた。
    しかし……。何者かから儀式を妨害された慧月は、焦りのあまり力が暴走!
    またしても玲琳と慧月の身体が入れ替わってしまった!
    そんな混乱の最中に、慧月を攫おうと企む邑の民まで現れ、なぜか玲琳は兄とともに自ら捕虜となるのだが……!?
    身動きの取れない尭明、独自に追いかける辰宇、そして過保護な玲琳の兄たちが大暴走する第三巻!


    ISBN 9784758094122 / 四六判 定価:1,320円(税込) 2021年11月2日発売