一迅社WEB

  • 一迅社文庫
  • 紅蓮の皇女と絶対記憶の黒皇子一迅社文庫 | 一迅社

紅蓮の皇女と絶対記憶の黒皇子

皇立学院の英才マルスは、晩餐会に訪れた皇宮内で誘拐されかけていた少女を助ける。だが彼は送り届けた少女の部屋でふとした油断から睡眠薬入りの水を飲んでしまう。翌朝、目を覚ました少女は自らの貞操を穢されたと勘違い。しかも彼女はロートシルトの第一皇女エレアノールだった!?

ISBN:978-4-7580-4528-5
文庫判 638円+税
2014年2月20日発売

  • amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



©ICHIJINSHA All Rights Reserved.